月別: 2017年2月

サプリメントの効能を引き出す食生活

人間が一日で必要としている栄養分は多いですが、一日に摂取できる食事量も限られています。ですから、よほど気を付けて食事をしないと、完璧に体が必要としている栄養分全てを摂取する、ということはとても難しいことです。もちろんそれが理想ではあるけれど、忙しくてそこまで気を遣うことができない、という方も多いでしょう。

ミドリムシサプリメントは、まさにそのような方々にとって有益なサプリメント、と言えます。昨今販売されているサプリメントは、特定の成分(栄養素)に的を絞って精製されているものが多くあります。特定の成分を、効率よく摂取することはできても、なかなか数多くの成分を網羅して、摂取することができるサプリメントというのは多くありません。ミドリムシサプリメントは、まさにそれを実現することができる、理想の存在、と言えるでしょう。

より良い効能を得るためには、そもそも『食生活』を見直すことから始まります。サプリメントだけでは人間が生きるために必要なエネルギーを得ることができませんし、必要十分な血液を生成することができません。食事だけでも、より良い栄養分を効率よく摂取することは難しいでしょう。そこで、ミドリムシサプリメントを上手に活用するなら、理想的な『食生活』が実現できるでしょう。

アンチエイジングにも有効

昨今では頻繁に『アンチエイジング』という言葉を聞くことが多くなりましたが、それは多くの方が『老化を食い止めること』に興味がある証拠、と言えます。見た目的に若く見えることも大切ですが、その見た目の若さも、体の中が若くないと、単に「若い」という仮面を付けた、外れやすくばれやすいかりそめの「若さ」になってしまいがちです。

老化はどうしても来てしまいますが、有効な成分を摂取する、体が毎日必要としている栄養分を摂取することで、その『アンチエイジング』は可能です。そのために有効なのが、体を内側から『若返らせる』ことが可能な、ミドリムシ(サプリメント)なのです。

豊富な栄養分を摂取することによって、胃腸の調子が良くなれば、それは肌の調子にも現れます。人間が必要とする幾種類ものビタミンをミドリムシによって摂取することができれば、快活な体を形成することができ、それが外面の積極性にも表れます。体のフィルタリング機能…いわば、外から来る外的から身を守るための機能も強まり、病気に掛かりにくくなります。ミドリムシによって豊富な栄養分を摂取し、それを続けることには確かに大きなメリットがあります。ここでより重要なのは、それを『続ける』、という点です。

なぜ健康に良いのか?

さて、別名『ユーグレナ』とも呼ばれるミドリムシ、その生態系について考えてみると驚かされます。顕微鏡で見てみると、芋虫のような体に、赤い目が付いているように見えます。そうするとそれは『生きている』ということになるのですが、それは完全に『虫』でもなく、『動物』でもなく、だからと言って完全に『植物』に分類もされません。植物は、二酸化炭素を取り込んで酸素を吐き出すという、光合成を行っていますが、実はこのミドリムシもそれを行っています。これを考えた時、生きていて自主的に動いているのか、はたまた植物なのか、境界があいまいであることが分かります。

さて、この単細胞生物がサプリメントとして販売されることには、この生物が持つ非常に多くの栄養分が挙げられます。人間は、カルシウム、ビタミン、アミノ酸、脂肪など、理想とされている一日の摂取量があります。それを食事で必要十分摂取することは簡単なことではありません。一つの食材に服まれる栄養分が少ないと、それだけ多く食べても、身にならないことがあるからです。

しかし、ミドリムシには、人間が必要としている60種類近い栄養素が含まれているとされ、それら数十種類の栄養分を、一度に摂取することが可能なのです。

ミドリムシ、健康食品になる

目に見える生物はそこに存在している、と目を向けるだけで分かりますから、苦手な虫や生物がいるとそれを避けることができますが、私達の目に入らないもの、見えないくらい小さいものは、そこに存在していても、私達はそこにあることが分かりませんから、気持ち悪がることすらできません。でも、そこに存在することが分かるだけで、あまりいい気持ちがしない、という方も多いでしょう。

そのように『小さい生物』というのは見た目や動きなどから多くの人に敬遠されがちですが、それらの生物は生態系の上で非常に重要な役割を果たしていることがあります。そして、それらは私達の健康にも大きく寄与しており、積極的にそれらを体内に取り入れることが推奨されることすらあります。それが今回紹介する、『ミドリムシ』のような微生物です。

微生物…がどのようなものか、という点はお分かりかと思いますが、ミドリムシは主に水中(水田など)に存在する微生物であり、顕微鏡で見ればその名の通り体が緑色をしていることが分かります。いわゆる体長は、0.1mmもありません。その半分くらいの大きさですから、微生物としては観察しやすい方と言えます。形は、芋虫のような形をしています。実はこのミドリムシ、その成分がサプリメントなどの健康食品としても販売されているのですが、どのような点で健康を促進してくれるのでしょうか。そこには、ミドリムシの生態系、そしてそれ単体が持つ非常に高い栄養分が関係しています。